« 2014年2月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

日本での荷物の受け取り(帰国6)

アメリカでの引越し作業を終え、日本に帰ったらどうにかなるだろう!と思っていた私。”私たちは日本人だし、日本だったら日本語も通じるしそんなに大変じゃないだろう。。”と思っていたのですが、想像以上に日本での生活の立ち上げは、大変でした!

携帯電話がないと、不動産屋さんとのやり取りもできないけれど、加入しに行ったら住所がないからと携帯電話の契約を断られてしまったり。。じゃあインターネットで連絡しようと思ったら、アメリカだと色んな場所でfree Wi-fi があるけれど、日本では公共のインターネット設備がないし。。色んなことがありました。

でも、どうにかアパートを決めて、無事に自分たちがお願いした引越し荷物の受け取りに間に合う事ができました~!

Moving_20142今度のアパートは一軒家の二階。玄関を入ったところから階段になっていて、引越し業者さんからしたら、昇り降りのある大変な仕事だったと思います。

しかも、我が家の荷物は本が多い。はっきり言って、我が家の財産はほとんど本みたいなもんですその本の箱が、これまた重いんですよ~。私が頑張ったら、持ち上げられるかどうか・・ってくらい

しかし、元気な男性3人で来てくださって、一人の男性なんて、その本の箱を持って階段をかけ上っていましたから、びっくり

そうこう、驚いているうちに、じゃんじゃん荷物を運んでくれました~。Moving_20141

日本側の作業員メンバーは様々な方がいらっしゃるようなのですが、今回、私たちの所に来てくださったのは、国際色豊かな方もいて、それがとても嬉しかったです。日本に来て数日、きちきちしなければならない日本人との対応に疲れてきていた頃だったので、私は思わず「日本に来て何年ですか?大変じゃないですか?」なんて日本語で話しかけたりして、とても良い気分転換になりました!(でも、実のところ、作業員さんたちは私たち以上に日本人っぽかったです)

一番嬉しかったのは、家具関係のサービス。今回、引越し荷物の中に、家具が少しあったのですが、それを組みたててくれたのが早かった~!そして、「こっちの向きにしてください」「あ、やっぱり、こっちの向きの方がいいかも!」なんて言う注文に応じて家具を動かしてくださって、それがとーっても助かりました。そうじゃなかったら、夫と私とで後で動かさなければなりませんでしたから!

また、「ダンボールとか持って帰りましょうか?」と聞かれましたが、私は後でゆっくり荷物を出して行きたいのでお断りしました。が、同じ引越し業者さんを利用して日本帰国をした友人は、ダンボールなどの梱包財をその場で持って帰ってくださったのが、すっごく嬉しかったそうです。

そんな訳で無事に日本への引越し終了。グリーン・ライナーの橋之口さんにも、無事に届いたお礼の連絡をしたら、喜んでくださいました。

とても良いご縁にめぐり合えた事をありがたく思います!

ありがとうございました!

アメリカから日本への引越し&グリーン・ライナーさんの情報については、下記リンクにより以前の記事集『アメリカから日本への引越し(帰国について)』をご参考ください。
http://ladaradara.cocolog-nifty.com/blog/cat57866579/index.html

« 2014年2月 | トップページ | 2014年10月 »