パサデナ(サン・ゲーブリエル・バレー地区)

2014年1月24日 (金)

小さいけど落ち着いたカフェ「ゼリ」

今日は、朝から久々に会う友人と「ゼリ」というカフェで待ち合わせ。

ここは、パサデナの老舗本屋さん Vroman's Bookstore  の中に入っているカフェです。

2014_01_243_800x600お互いに忙しかったのですが、ブローマンズの駐車場はすぐ裏手にあって広いので、貴重な時間を話せる時間にあてられるように、このカフェにしました。

ここはそんなに広さはないのですが、落ち着いた雰囲気の、ゆっくりできるカフェで、がやがやしていなくて静かなのがとても良いんです。

椅子も、ソファーとか、カウンター式のとか、色んなのが置いてあって、くつろげる感じになっています。

到着すると、先に来た友人が既にソファーの方に座っていました。。

いつもは、私はここで、カフェラテを飲んで、たま~にケーキをオーダーするのですが、友人がここのウィンナーコーヒーが好きだというので飲んでみました。

ちなみにウィンナーコーヒーの「ウィンナー」の部分は、「ウィーン」の事なので、英語では「Vienna (ヴィエナ)」と発音するそうです。

そしてこのコーヒーが、なんかすごかった!

2014_01_241_800x600ウインナーコーヒーって、コーヒーの真ん中にクリームがちょこっと浮いてるってイメージだったんですけど、どうだぁ~!って感じで、固めのホイップがどっさりのっかっているのが出て来たんです。。

しかも写真だと分かりずらいのですが、このコーヒーカップ、かなり大きめ。

これでも、小さいサイズをオーダーしたんですよ。。

最初は、あまりのホイップにちょっと戸惑ったのですが、

ここまでドーンとしていると潔い(^^)

スプーンでかき混ぜて溶かしながら、ちょっとずつ飲んだら飲み干してしまいました~。

甘くて美味しかったです!

このコーヒーが好きな友人は、とっても痩せている人。「なんで~?」と思ったけれど、彼女はお菓子はあんまり好きじゃなくて、アメリカ生活が長くても日本食を食べているんだそうです。

2014_01_244_800x600 Zeli Coffee Bar ~Yelpの情報~
http://www.yelp.com/biz/zeli-coffee-bar-Pasadena

2014年1月23日 (木)

タイ料理レストラン♪

先日、夫の仕事の関係でお祝い事があって、二人でタイ料理レストランへ行って来ました。

ここ、デイジー・ミントは色んな人から、「あそこのタイ料理レストラン、美味しいよ~」って教えてもらっていたレストラン。場所がいまいちなわりには、お客さんは満員です。この日も少し待ってから着席。

2014_01_235_800x600まずは、お茶で乾杯~!!

あんまりお酒を飲まない私たち。。。

左は、タイアイスティーなんですが、これは“いったい何が入ってるの~?”と言うくらい、すっごく美味しかったです。

私はカロリーを考えて普通のアイスティーにしたのですが、あまりに美味しくて、夫の分をかなり飲んでしまいました。。

2014_01_236_800x600ここのPhat si io が美味しかった!

Phat si ioは、日本語だとなんて言うんだろ?書いてみるとパセオーって感じかな?

お米で出来ている麺でパッタイに似た食べ物なのだけど、パッタイよりも麺が太いのが特徴です。

.

.

2014_01_238_800x600ここで嬉しかったのが、トム・ヤム・クン(スープ料理の名称)が辛すぎなかったので飲めたこと!!

私は、タイ料理とか大好きなのですが、辛いのが苦手なので、いつもトムヤムクンとかタイカレーとかは

「食べられないー o(T^T)o」

って状態に陥ってるのですが、ここのは、辛さ控えめなので美味しくいただけました(*^-゚)♪

嬉しいーー!!

でも、それだけ、アメリカナイズされたお店なのだと思います。そのせいか、アメリカ人のお客さんも多いです。リトルタイとかアルハンブラなんかにある、スパイスがいっぱい入ってる本当のタイ人が行くタイレストランとはちょっと違うけど、これはこれで都会的な味で美味しい。

タイ料理が大好きって人はもちろん、本格的なタイ料理がはじめてっていう人にも、良いと思います~。

Daisy Mint ~Yelpより~

http://www.yelp.com/biz/daisy-mint-Pasadena

2014_01_231_800x600_3

2014年1月19日 (日)

コロラド通りにできたアースカフェ

コロラド通り沿い、随分前からパサデナにもアースカフェができると広告が出ていて、いつできるのかな~なんて思っていたら、去年の秋に日本から帰って来たら出来ていました。

2014_01_195_800x600.

.

.

.

.

.

.

.

.

お散歩コースに丁度良い距離なのですが、カフェ好きの私はコーヒーの良い香りと、のんびりできそうな場所に惹かれて、ここに寄ってしまう時があります。

アースカフェで私の好きなのが、オーガニックのカフェラテ。コーヒーが濃すぎず、まろやかで、私はここのカフェラテは大好き。

そして、ここのケーキは美味しすぎる~!!

この美味しさは罪だ~~~~~!!!!!

2014_01_193_800x600私はアップルパイが好きなのですが、この日はティラミスにしてみました。パウダーが結構、苦くて大人の味。。美味しい。。

甘党の私には、ここのケーキはかなり甘さ控えめに感じるんですけど。。

以前、日本から来たばかりの友人が、ここのケーキは甘いと言っていてビックリしました。

私の舌って相当アメリカンになって来てしまっているんだろうか。。

日本にも代官山にアースカフェがあるというけど、日本のケーキは甘さ控えめなんだろうなぁ。。

2014年1月17日 (金)

映画(3) 普通の映画を見るならここかな・・

3つめのオススメ映画館は、サンタアニータ・ショッピングモールに入ってる AMC です。

2014_01_141_800x600 チェーン店というか、普通の映画館ですけどね。

アート系でもなく、二番館でもなく、普通の今上映されている映画が見たい場合は、こちらに来ることが多いです。パセオコロラドの映画館も歩いて行けるからたまに行きますけどね。。時間に余裕がある時は、AMCにします。

なぜかというと、平日の午前中だったら結構安くなるから。普通、こういうモールに入ってるチェーン店の映画館はそうですけどね。パサデナ付近だとサンタアニータになります。

最近だと、12Years a Slave という映画を一人7.5ドルで見ました。1840年代に、アメリカで実際にあった黒人の物語り。彼は自由人(奴隷じゃない人)だったのに、だまされて奴隷として売られてしまうという怖いストーリーです。ブラット・ピットが制作に関わっていて、ちょい役で出ています。2014_01_142_800x600

今年のアカデミー賞の有力候補ではありますけど、個人的には、いまいちな映画でした。視点は良いのですが、全体的に話も映像も綺麗すぎました。。特に奴隷の人たちが、綺麗過ぎて、現実味がありませんでした。。

でも、映画を見るのは楽しいです。

特に、アメリカで映画を見ると、面白い。日本みたいにシーンとしてなくて、みんな自由な感じ。大笑いしたり、ビックリしたり、喜んだり・・・。映画の内容によって、空気が変わるので、その中で皆で一緒に見ると映画が何倍にも楽しくなるんですよね~。

AMC Santa Anita Yelp情報
http://www.yelp.com/biz/amc-santa-anita-16-arcadia

2014年1月16日 (木)

映画館(2) パサデナの格安映画館

日本に比べたら、アメリカは映画の価格が安いけど、パサデナには、お財布にありがた~い二番館があります。

それが、アカデミー・シネマズ!

Dsc03153_800x531

ここでは、な、なんと、2ドルで映画が見れちゃうんです~~~!!(2014年1月現在)

2ドルって、レンタル屋さんより安いでしょ。

しかも、二番館と言っても、ちょっと遅れた程度で、まだまだ充分話題作。。

「あの作品、映画館で見たかったけど、見逃しちゃったな~」なんて時も、ここで見れちゃうんです。

Images3 私は昨年末に体調を崩していて、行きたい映画に行けなかったので、年明け「Captain Phillips」(トムハンクス主演のアフリカ沖で船をハイジャックされる映画)を見に行きました。

この映画、すっごく面白かったですよ~。
ハイジャックする黒人の男性ですが、リアル感を出すために、先日までリムジンを運転してたほとんど素人の人を起用したそうです。さらに、トム・ハンクスはすごく有名な俳優さんだから、新人さんが会っちゃうと緊張しちゃってハイジャックの凄みが出ないので、本番前は犯人役の彼とトム・ハンクスをあまり会わせないようにしてたとか。
.
そんな事もあって、ハイジャックする彼の演技してない感じが、ホントっぽい臨場感を感じさせて、怖かったです。。
.
しかも、最後のシーンのトム・ハンクスの演技が凄かった・・。実際、ああいう場面になったら、こうなるんだろうな・・・って言うような名演でした。すごいな~と思っていたら、先日のゴールデングローブ賞で主演男優賞にノミネートされてたから、“うん。あの演技は凄かったからね”と、うなずけました。
.
映画は英語が分からないと辛い部分もありますが、この映画はハイジャックの状況なので、映像だけ追ってても、だいたい話が分かると思います。
.
Dsc03161_800x531まあ、椅子なんかはいまいちですが、2ドルで見たかった話題作が見られるのは嬉しい限り。ちなみに2ドルなのはマチネ時間で、夕方は3ドルになります。
.
こういう映画館が自分の住む街にあるって嬉しい~。
.
.
ACADEMY CINEMAS PASADENA (Yelpより)

2014年1月15日 (水)

映画館(1) アート系の映画館~Laemmle Theater~

夫と私は映画が好きなのですが、パサデナ付近でおすすめの映画館について、あんまりブログに書いていなかったので、これから数回、映画館について書いてみようと思います。

2013_04_21_015_800x600 私の一番のお勧めはアート系の映画館で、Vroman's Bookstoreの隣にあります。

アート系っていうのは、いわゆる大興行映画でない映画のことで、限られた予算の中で作られた、作家性の強い映画でオリジナリティのある芸術的な作品も多いのが特徴です。

例えばフランス映画とか、日本のジブリの映画などもここで上映されています(現在は、エヴァンゲリオン3も上映されていますよ)。2013_04_21_016_800x600

.

このアート系映画館(Laemmle theater系列)は、アート系と言っても、座席数も普通にあって、そんなに小さな映画館ではありません。ウエスト LAとかサンタモニカにはありますが、ここら辺では、パサデナにしかないのではないでしょうか?

映画の内容からして、ファミリーとか、学生がわいわい遊びに来るっていうよりも、年配の方とか、熟年夫婦がふらっと立ち寄るという映画館なので、この映画館がパサデナにあって、しかもブローマンズという老舗本屋さんの隣にあるというのもうなずけます。

以前、他の国から来た素敵なご夫婦がいらっしゃいました。高学歴で難しい本とか読んだりしていて、世界中、日本も含めて行った事があるというようなご夫婦だったのですが、この映画館には毎週のように通っていたそうです。

このLaemmle theater系列は、映画ファンにはたまらないブランド。グッズなども存在していて、色んな所で売っているのを見かけます。

2013_04_21_017_800x600ちょっと知的好奇心をくすぐってみたいな~って時は、この映画館へどうぞ。

.

.

.

.

.

.

Laemmle Theater のホームページ
http://www.laemmle.com/theaters/6

2013年11月29日 (金)

今日の散歩:オールドパサデナの新しいカフェ

最近、“散歩”にはまっています。

本当はダイエットの為に“ウォーキング”をはじめたつもりなのですが、歩いているうちに色々な発見をしてしまい、色んな所に顔を出していまう。。どちらかというと、日本のテレビ番組の“ゆうゆう散歩”みたいな感じになっています。

2013_11_292_800x600感謝祭(11月28日)は街中が閑散として、静まり返っていたのですが、今日は一夜明けたブラックフライデー。

パサデナのお洒落の中心であるオールドパサデナまで歩いてみると、あまり天気がすぐれないにも関わらず、かなりの人で賑わっていました。

別にショッピングに来た訳でもないのだけど、こういう所に来ると、なぜか自分もお祭り気分~。それは言い訳なのですが、色んなお店をのぞいてウロウロ。

最近出来て気になっていた"Copa Vida"というカフェに入ってみる事にしました

コロラドからグリーンストリート沿いに、ちょっとだけ入った場所にあるのですが、店内は人でいっぱい。

2013_11_293_800x600カウンターでオーダーし、自分でコーヒーを受け取ってから席に着くスタバスタイルだけど、お店は結構広くて、席を確保するのはそんなに大変ではありません。

お店の雰囲気は、二種類。カウンターのある手前の方は白い壁で、窓にも近く、明るい感じ。一方、奥は、照明を落としたシックな感じで落ち着いた感じの店内になっていました。

ケーキも美味しそう・・・だけど、我慢ガマン。ダイエットの為に歩いているのだからね。

とはいえ、散歩の途中でカフェに入って休んでいるんだから、痩せるわけはないんですけどね。。2013_11_295_800x600エヘ

コーヒーはオーダーしてから一つ一つ淹れてくれていて、出てくるまでは少し時間がかかります。カウンターで受け取るシステムなのですが、混んでいたので席に座って待っていたら、店員さんが持ってきてくれました。

私が飲んだのはカフェラテですが、個人的にはもう少し、ミルクっぽくてもいいかなぁ~。でももしケーキを食べていたら、これくらいちょっと苦味があっても良いかもしれません。

いずれにしても、店内が広くて長居できる感じなので、一人で勉強をするのにも、友人と来て長話するのにも丁度良いかな~と思いました。

場所柄、ちょっとお洒落な人が多かったかな。。

今日の散歩:8741歩 3時間半

2013_11_291_800x600Copa Vida
70 South Raymond Avenue
Pasadena CA 91105

http://www.copa-vida.com/

2013年11月16日 (土)

ツウ好みのレンタルビデオショップ「ビデオテック」

久々にレンタルビデオショップ「ビデオテック」へ行って来ました~。

2013_11_166_600x800
「ビデオテック」はサウスパサデナ駅の近くにある、知る人ぞ知る凄いレンタルビデオショップです。

ひとことで言うならば映画好きの人が喜ぶ、ツウ好みの店

店内は小さいけれど、このエリアでは一番のレンタルビデオショップだし、ロサンゼルスエリアでもかなり知られたお店です

普通のレンタルショップとの違いは、DVDの品揃え。ハリウッド超大作というよりは、アート系&海外の作品が多く並んでいます。

店内には、色んな昔のポスターがあったり、日本語のポスターも人気があるのか売ってたりするのもかっこいいです。2013_11_165_600x800

しかし、このお店の一番凄いところは、DVDが国ごとに分類されていて、さらに監督名でまとまって置いてある所。

例えば、日本のコーナーだったら、外国人に人気の「アキラ・クロサワ」とか「ヨウジ・ヤマダ」とかで並んでいます。

2013_11_163_800x600_2
さらに「チャンバラ・エイガ」とか「ザトイチ」というコーナーも。

寅さん映画がローマ字で「Tora-San」って書いてあるDVDも置いてありましたよ。

こういうレアなDVDは、買うと高いし、大きなレンタルショップはもちろん、インターネットでもなかなかレンタルして見る事はできないんです。

それと、ドキュメンタリーのコーナーもかなり充実。以前、学校の課題で「公民権運動をした人のドキュメンタリー映画を見てプレゼンテーションせよ」というものがあったのですが、ハリウッド映画は嘘が入っているので禁止。ドキュメンタリー映画でなければならず、探すのに困ったクラスメートが続出。何人にこのお店を紹介したか分かりません。。

そんなお店なので、映画オタクの夫が、ここに入ると、長い長い。。。

2013_11_16しかし、待っている間、私はあるDVDを見つけました。

なんと題名が「ジロー・ドリーム・オブ・スシ」

しかも、パッケージ全体にお寿司の写真が浮いていて、下には、おじいちゃんを先頭にしたキリッとした寿司職人さんたちがずらっと並んでいる。

なにこれ!すご~い!!と思って、「ねえ!これみて!」と、夫の所に持って行ったところ。

「あ、その映画、アメリカでは知られているドキュメンタリーだよ。見てみたかったんだ~」とのこと。

「えっ?知ってたの?」と私。

アメリカ人の監督さんが、銀座にある高級鮨屋「すきやばし次郎」で3ヶ月の密着取材をしたドキュメンタリーなんだそうです。(邦題は「二郎は鮨の夢を見る」)

早速、レンタルして観てみました~。アメリカ人の監督さんなのに、全編日本語(英語字幕)だったので見やすかった~。

しかし、お寿司がどれも美味しそうでやばかった~。あの美味しそうなお寿司をアメリカで見るのは結構キツイかったです。だけど日本のフードコーディネーターの方から、お店がミシュランの三ツ星になった時の裏話が聞けたり、展開は全然飽きない。なんと言っても鮨職人、二郎さんの鮨への終わりのない努力というのがヒシヒシと伝わってくる素晴らしいドキュメンタリーでした。

そして、そんなDVDを置いてくれているビデオテックさんって凄い!

最近、アメリカではレンタルビデオショップがどんどん潰れていて、寂しいのですが、こういうお店には絶対に続けて欲しいです。

2013_11_162_800x600_2

Videotheque のホームページ
http://www.vidtheque.com/

Yelpより
http://www.yelp.com/biz/videotheque-south-pasadena

2013年11月11日 (月)

バスに乗って髪を染めに行って来ました~

2013_11_074_800x600私が通っている美容院は、サウスパサデナという高級住宅街にあって、家からは車で20分くらいです。

でも私は基本、車を運転しないのもあって、美容院へ行く時はいつも夫と一緒に行っています。

だけど、夫は先日、一人で髪を切ったばかり・・・

そこで、先日、夫の出張中に、私一人でバスに乗って美容院へ行ってみることにしました~!ガンバルゾー!

グーグルマップで調べて、パサデナの中心から、オールドパサデナに出て、260メトロバスに乗り換えて行くと、まさこさんの美容院の前に到着~

2013_11_092_800x600
美容院が久々の私は、まさこんに会うのも久しぶり~。お互いに「元気~?」なんて言い合いました。なんだか、こうやって訪ねて行くと会える人がいるというのは嬉しいです

今日はカットの他に、髪を染めてもらいました。

アメリカに来てから、髪は自分で染めていたけれど、最近ずっと染めていなかったから、色がボロボロ。。

たまにはプロの人に染めてもらおう~と思ったのでした。

オイル入りの髪染めというのをしてくれました。匂いもないし、アレルギーの人にも良いという事で全然ヒリヒリもなし。出来上がりは、ツヤツヤになりましたやっぱり、普段は自分で付けたしで染めたとしても、たまには美容院でやってもらうのもいいな♪と思いました。

「外国の人の髪を染めるのとはやっぱり違いますか?」なんて興味本意で聞いてみたら、やっぱり全然違うんだそうです。アメリカに来てから、色んな人種の髪の人を染めてきたから、それなりの経験が増えて、それは自信に繋がっているとのことでした。2013_11_073_600x800


さて、帰り道のバスを携帯で調べたら、パサデナの中心のレイク通りまで行く、485メトロバスも通っているを発見

行きはバスの乗り換えだったから(1.5ドル×2で)3ドルかかってしまい高いな~って思っていたのだけど、乗り換えナシでも行くバスがある事が分かりました。

なんだか、新しい冒険をして、気分の良い一日でした~。

まさこさんの美容院について知りたい方は、以前のブログに詳しく書いてありますのでどうぞ↓

http://ladaradara.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b01e.html

2013年7月11日 (木)

ギリシャ神話の劇 at 小さな劇場ボストン・コート

先日は、私たちの結婚記念日でした。今年は、夫は仕事や勉強で忙しいし、私も何かと予定があって、旅行やドライブという予定も立てられず・・・。そこで、近くにある劇場に行くことにしました~。

劇場名は、ボストン・コート(Boston Court)。

近所にあって、建物の前は何度も通ったことがあるのですが、実は、観に行くのははじめて。お金持ちの人が10年くらい前に設立した劇場という事で、設備も新しく、とても綺麗な劇場です。

2013_07_103_800x600

100人収容の小さな劇場なのですが、これがまた凄くいい!

どこに座っても臨場感が感じられる、最高の席なのです。

今回見た演劇は、ALCESTIS (アルケスティス)。妻が夫の身代わりになって死ぬことを希望する悲劇ということで基本的にはシリアスなストーリー。

「人はいつ死ぬかは分からない」「もし死ぬことになったら、この一時一時をどう過ごすか」「妻が先に死ぬことが、夫にとって本当に幸せなのか」などなど、そんなに恋愛っぽい話ではなく、シンプルに生きること、死ぬことなど考えさせられる場面が沢山。

でも、たまに笑えるように工夫されていたりして、楽しんで観る事ができました。

しかし、驚いたのは、この作品「アルケスティス」は、もともとはギリシャ神話。紀元前450年くらいにエウリピデスというギリシャの劇詩人によって作られた演劇で、それを現代風にアレンジしてあるものだということ。

演劇を見た後で原作のあらすじを見てみると、登場人物も同じ名前だし、基本的ストーリーもほぼ同じだったので驚きました。2500年くらい前に書かれた作品が、現代の人でも理解できる普遍性のある演劇だなんて、エウリピデスさんって本当に天才

私がいたく感心していたら、
夫が「まあ、とても有名な人だよ(* ̄0 ̄)ノ。。。」と冷静に言うので、調べてみたら、ものすごーく有名な偉人で、私が知らないだけでした。失礼しました

2013_07_104_800x600

いずれにしても、ギリシャ神話がもとなのだけれども、夫婦にまつわる生や死の演劇ということで、結婚記念に観るのにちょうど良い演目でした。

写真は演劇が終わった後のロビーです。大劇場と違って、アットホームな雰囲気。。

小さな劇場での感想は、本物らしさを追求する映画の映像や、予算をかけた豪華なニューヨークのブロードウェイとも違った、様々な想像力や思考力を必要とする別の楽しさがあるなぁ~と思いました。

Boston Court:http://www.bostoncourt.com/

より以前の記事一覧