イベント

2015年5月 7日 (木)

ブックフェスティバル~Festival of Books 2015

ロサンゼルスへの引越しが決まった時。

引越しのスケジュールはめいいっぱいだったのですが、私は、どーしても、この日までには来たいと思い引越しを頑張りました

それは、USC(南カリフォルニア大学)で開催される、ブックフェスティバルに行きたかったからです!

そして、そして!ロサンゼルスに到着して、かなり時差ぼけで、まだ、車も買っていないのに!来てしまいましたー!!

じゃーん!!!フェスティバル・オブ・ブックス2015★

20154192

太陽が眩しい~!

色んな国の人たちがいる~!

みんなの服装がラフで嬉しい~!!

20154193


時差ぼけでうえ、色々な事で連日忙しく、フラフラ。。

しかし、作家さんの列にはちゃっかり並んでサインをゲットしました

20154191

短い時間ではありましたが、この雰囲気を味わうのには充分。夫も私もそれぞれに、掘り出し本も見つかり、すっかり満足して帰りました~。

※2015年4月18.19日に開催されました。

http://events.latimes.com/festivalofbooks/

2014年1月13日 (月)

ポスト・パレード

今年は元旦にローズパレードをはじめてフルコースで見たので、翌日にポスト・パレードを見に行くことにしました。ポスト・パレードとは、ローズパレードで使った台車を集めて展示してあるイベントのことです。

Dsc03005_800x531場所は北の方にある公園付近なのですが、台車の展示と言っても、ちょっと考えられないくらいの規模の大きさ。

そこで、通常はパサデナ付近の専用シャトル乗り場から参加。PCCやローズボールに駐車をして、そこで入場料とシャトルバス往復チケットが一緒になったチケットを買うと、そのままバスに自動的に乗るように案内されます。

無料で見たローズパレードなのに、入場料取るの~?!と思うなかれ。台車を遠くから見るのとは全然違って、クリエイティブな作品と、お花のかざりをじっくり見て回れると思ったら、楽しめる事間違いなしです!

Dsc02751_800x531 例えば、今回のローズパレードで私のお気に入りは、この“クマちゃんマン”。

チャイルドケアーの台車だったのですが『子供を救うぞ~!』って感じで可愛い~!

.

.

Dsc02903_800x531 ポスト・パレードで、このクマちゃんマンの台車に近寄って、足元を見るとバラでいっぱいでした。

.

.

.

.

.

.

さらに、顔を下から見ると、全部、茶色いお花で飾ってある~!!

Dsc02905_800x531

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Paw(動物の足の部分のこと)の所なんて、ふわっふわになってて、めちゃくちゃラブリーでした!

Dsc02906_800x531.

.

.

.

.

.

.

.

.

家族連れとか、子供からお年寄りまで色んな人が見に来ていて、そんな雰囲気もとっても楽しめました。このお菓子で出来たお家イメージの台車もとっても夢がありますよね~。

Dsc02911_800x531

.

.

.

.

.

.

.

Dsc02920_800x531.

これ、近寄ってよぉ~く見ると、生クリームみたいに見えるところが白いお花や、白い豆がはってあって、茶色い所はシナモンでできていました。

.

.

.

.

歩いていると、係りの人も結構いて、説明をしてくれます。木の幹に見立てている茶色い部分はコーヒーの粉で出来てるとか、絵の部分は植物の種だとか、台車は使いまわしだけど、デザインなど一年くらいかけて制作されるとか。。

しかし、今年の台車は動物たちがいっぱい。私好みでした。。

Dsc03128_800x531

Dsc03104_800x531_2 .

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

さて、今年も出航だ~!(この海賊船。写真では見えないけど、いちばん上で、くまちゃんが見張りをしています。。)

Dsc03075_800x531.

.

.

.

.

.

.

.

.

しかし、このイベントはめちゃくちゃ暑かった。。。今年のお正月は暖かかったから良かったね~。と言いたい所ですが・・・パサデナをあなどるなかれ。暖かいというより暑くて日射病になりそう!

Dsc03047_800x531NYに住んでいた頃、寒いのが苦手な私は暖かくていいな~なんて思いながら憧れの気持ちでテレビを見ていたものです。なので、「お正月でもお花が咲いてるんだよ~。いらっしゃ~い」というのがローズパレードなのだと思っていましたが、ここに住んでみて、「パサデナではお正月しかお花のパレードはできないな」と発見しました。なぜなら、この暑さで花たちもどんどん元気をなくして行ってたからです。。Dsc02969_800x531

私も水は持って行ってたけど、帽子を忘れて行ったのが失敗でした。会場はとっても広いのに、日影はほとんどないし、歩くのが大変でした。。私は日影を探しては休憩。。夫はかなり日焼けしてしまい、顔がひりひり痛いそうです。。しっかし、お正月だというのに、日焼け対策が必要って、凄いですよね。アハハ~。

 

Dsc03098_800x531_2

2014年1月12日 (日)

ローズパレード2014

ローズパレードとは、お花で飾った台車のパレードの事で、毎年元旦に行われるアメリカの風物詩。アメリカ中がテレビで見る日本の“箱根駅伝”みたいなものですが、開催地はここパサデナなのですよ~。

そのローズパレードが通るコロラド通りの近所に住んではいますが、いつもは元旦は寝坊するので、途中から見に行ったり。。あとは見に行きたいという夫を「いってらっしゃーい」と送り出し私はテレビで見たり。。でも、今年の元旦は、海の方に住む友人が「ローズパレードを一度実際に見てみたい」とのことで、はじめて早起きをして最初から最後までバッチリみてみました~。

いやぁ。本気で見たら、すごく楽しかった~!

考えてみたら、全米で注目されるパレードなんですから、面白いはずですよね。もっと毎年、本気でみるべきでした。Dsc02645_800x531_2

ローズパレードは提供がホンダなので、最初から見るとホンダの台車を見る事ができます。人間型ロボット「アシモくん」そっくりの人形が見れるんですよ。

写真の新幹線の上に乗っているのがアシモくん。

今年、ホンダの台車はとーっても長くて、パレード史上初の長さを記録したとか。運転手が一人というから、どうやって角を曲がったのか不思議に思いました。

とっても素敵だった台車が、サファリです。素晴らしくできた動物たちが本当に生きているみたいでした。ぞうの首なんて動いているんですよ。

Dsc02658_800x531

.

.

.

.

.

.

.

.

.

他にも、ローズクイーンの台車は可憐だったし。Dsc02682_800x531_2

.

.

.

.

.

.

.

.

ブラスバンドも沢山。アメリカの高校や大学だけでなく、イギリスなど海外からの参加もあります。いつも日本の高校生も来るけれど、今年は名古屋南高等学校のブラスバンドとバトンが参加していました~!なんか、アメリカ人の高校生からするとみんな小さいけど、日本人だと嬉しくて、思いっきり手を振りました~!!Dsc02690_800x531_2

.

.

.

.

.

.

.

.

どのエントリーも思考を凝らしたものばかり。音楽ガンガンでダンスをするのなんて、すっごく楽しい~!見ているこちらも手拍子したり、踊ったりしちゃいました。このノリノリは参加している人しか分からない~♪

Dsc02701_800x531

.

.

.

.

.

.

.

.

.

このパレードには、もちろん市長も歴史あるピッカピカの消防車に乗って参列します。中でも面白かったのが、警察犬の台車。特大の警察犬が台車に乗っていて、その回りを本物の警察犬が行進~。こうやって公務員達もお祭りに参加するっていうのが、アメリカ的で面白いです。普段、市民の安全を守っている人たちって感じで、拍手が沸き起こってすごく歓迎されるんですよ。

Dsc02707_800x531

.

.

.

.

.

.

.

.

.

また今年の変り種(?)としては、エイズ・ヘルスケア・ファンデーション(エイズ撲滅運動団体)の台車で、特大ウエディングケーキの上で男性二人が結婚式を挙げました~☆隣にいるのは女性の聖職者さん。

Dsc02807_800x531

.

.

.

.

.

.

.

.

.

この日は、家に帰って来てから皆で乾杯。私が作った御節もどきを食べながら、良いお正月を迎えることができました。

テレビでは、繰り返し何度もローズパレードを放送。こうやって見ていると、ローズパレードだけでもアメリカの文化を知るきっかけが沢山あるなと思いました。

 

2012年11月24日 (土)

アート・ウォーク in モンロービア

今日は英語学校の先生が、アート・ウォークに出展するというので、宿題に追われるかたわら、ちょっとだけ顔を出しに行って来ました。

場所はモンロービア。モンロービアは以前もブログで紹介したことがありますが、可愛い商店街が街の中心にあります。

その商店街の真ん中。アートのお店から中庭に出ると、色々な写真、絵画、ジュエリーなどのお店が出店していました。

11_24_2012_005こういうアートの露天が出るイベントは、ニューヨークの頃から大好き

ロサンゼルスでも、商店街とか公園とか、様々なところで見かけます。

お店に入るよりも、ふらふらっと見て回れるし。

実際にアーティストの人たちと話せるのも嬉しいです。

「この写真はどこの景色なの?」とか

「この素材は何で出来てるの?」とか。

ちょっと話しかけると、アーティストの人たちは色々と話してくれて、そういうのも良い体験。ちょっと英語の勉強にもなるし。

11_24_2012_007そして何と言っても知っている人が出店しているっていうのは嬉しい。

先生のコーナーには、先生の学生達も訪ねて来ていました。

彼女(先生)は、日本に住んでいた事があるので、日本の写真もありました。玄関に並ぶ日本ぞうりの写真なんて面白かったです。私だったら写真を撮ろうとも思わない普段の風景なのだけど、外国人でありアーティストである彼女の独特な視点から、すっかりアートになっていたのです。

そして、彼女は動物が好きなので、動物への愛情が感じられる写真が素敵でした。

普段、先生をしている人が、別の本格的な趣味を持っていて、休日にこうやって活動をしているのって良いなぁと思いました。

2012年4月14日 (土)

“626夜市”で、混み混み~

今日は楽しみにしていた“626夜市”のイベントの日!

台湾である屋台街のようなイメージで、夜のお祭りをパサデナで開催とのこと。

はじまりは夜5時からと言うことだし、まだ明るいけれどレッツゴー!!

駐車場はいっぱいだろうと見越して、うちからてくてくと歩いて行くと、案の定、車で大混雑。会場に近付くにつれて、中国人に沢山会いました。。

夜のお祭りなんて、楽しそう。

うきうき、わくわく

そうして、会場についたら、ものすごい人~~~。


2012_04_14_006


.

.

.

.

.

アメリカに住んでから、こんなに混んでるのは久々。

入り口付近は、ネックレスとか小物の屋台があったけど、

とりあえず何か食べようということで、人をかきわけて奥へ

食べ物の屋台は、パシフィック・アジア・ミュージアムに接する広場に集まっていたけれど、ここに人が集中。

中国、台湾などの色んな屋台が出ていて、美味しそう~!

でも、全然屋台にたどりつけないよぅ~(p´□`q)゜o。。

2012_04_14_013.

.

.

.

.

.

.

.

遠く~に「たこやき屋」さんがあったけれど、とても買えそうな状況じゃなかった

上の写真、右端の白人男性が、ものすご~く大きく見えませんか?

ここに来ていた人、たぶん中国系の人がほどんどだったと思います。

パサデナの南の方に、アルハンブラといって中国系の人が住む地域があるのですが、パサデナでこんなに沢山の中国人を見るのははじめてでした。

2012_04_14_015_3


いつもクラスで慣れてはいたけれど、中国人ってこんなに沢山、住んでいたのね。。と改めて実感。

中国本土の成長とともに、アメリカに住んでいる中国人もとても活気があります。

もしかすると、数年後のアメリカは、こうなっていたりして・・。

たこ焼きの他にも、どら焼きやおにぎりのような物など日本食風もちらほら。。アジアが活気付くと、同じアジア人としては嬉しい限りです。

このイベント、地元のお店をサポートする意味もあるらしいのですが、これだけ沢山の人が集まるなら、もっと大きなイベントにしてもいいかも~。

2010年7月 4日 (日)

独立記念日の花火大会@ハンセンダム

今日は独立記念日。アメリカに来て5回目の独立記念日だけれど、実はテレビでしか花火大会を見たことがなーい。

数日前から色々とリサーチし、高速で30分くらい行った、ハンセンダムへいくことにしました。

現地へ着くと、周辺は駐車できる路上はどこもいっぱい。住宅街の道に駐車スペースをようやく見つけて、そこから歩いて10分くらいで公園の上の方に着きました。2010_07_04_003

会場は下にあってアナウンスとかは聞こえないけれど、目の前に貯水池が見下ろせるので、この丘の上で場所取りをすることに決定!

私達が到着した7時には、ちらほらとしか人がいなかったので、「会場から離れているし、ここから見る人って少ないのかな・・」と話していたのだけれど、2時間も前から行ってる私達が、まじめな日本人なだけだったのかも。。

2010_07_04_002_3

そのうちに、どんどん人が集まってきて、あたりが薄暗くなって来たころには、広い広場がいっぱいになりました。

それにしても、ヒスパニックの人たちばかり。

焼きとうもろこしにバターをぬって、唐辛子のソースをかけたものとか、売っていたり、売ってる物も中南米風。

アジア人なんて私達しかいないので、「ウェルカム!!君達は何人?オオー日本人?日本語話せるよ、コンニチハ!」と話しかけられた。

日本の花火大会よりも、家族連れが多いみたい。暗くなったら光る棒のおもちゃを売り始めたんだけれど、売り子もまたスペイン語で売ってるし・・。しかも、ほぼ全員の子供が買ってもらっている・・・。すごいね~お祭り?いったい、どこの独立記念日だっけ?と思ってたら、

ドーン!!

2010_07_04_010

オオー!!!すっごい近い!!!

目の前に花火が上がってくから、大きさがはんぱじゃない。

さっき話したおじさんも、この場所は地元の人しか知らない秘密の場所だって言ってたっけ。インターネットのリサーチ大成功!(私は調べてないけど、夫よ、よくやった)

やっぱり生で見る、打ち上げ花火っていいね~。

みんなそれぞれに、「オオー!」「ギャー!」「ギャハハ!」と大騒ぎ。周りの人の反応も日本人より激しくて面白い。2010_07_04_008

さっきまで騒ぎまくってた子供達も、みんな花火にひきこまれて、目がキラキラ

独立記念日を意識して、花火は心なしか赤・青が混ざった色が多かったです。

花火が終わった後、群集とともに退散

感動の熱気をひきずってか、住宅街なのに人が沢山出ていて賑やか。。そして、それぞれに花火を始める人たち。。

子供達が庭で手持ちの花火をしているなら分かるけど、道路で爆竹してるグループもいるし、さらには家から打ち上げ花火をズドーン、ズドーンと、1ブロックに1軒くらい、上げてるんですよ!!

うそでしょー!!と目を疑った。確か、こういうのは違法だと思うんだけど・・・

でも、数が多すぎて、取締りなんてできないだろうな・・というくらい、どこの家でも上げている。。万が一のためか、住宅街なのに消防車が来て待機してるし・・・。

だけど、みんな楽しそう。友達同士で、塀に座って見物してる人たちがいたり、おじいちゃんとおばあちゃんが、道路に椅子を並べて座って見てたり・・・なんか、楽しい~。

ここら辺は、レイクビューテラスという地域なのだけれど、高速道路から見たら、どこの家からも花火が上がってるので、ありえない光景なんだけど、とっても綺麗でした。。

「ロサンゼルスは、どこでもこうなのかな~。パサデナも家で打ち上げ花火したり盛り上がってるのかな~」と思って帰って来たら

しーーーーーーん。

いつもの静まり返ったパサデナの夜でした。

きっとパサデナ市は規制が厳しいんだろうな。だからこそ、治安も良いんだろうし。。でも、こんな夜は、レイクビューテラスみたいな街も楽しいな~。