料理

2014年1月 9日 (木)

タイ料理パイナップルライスの素

今年はじめての更新です。

今年も、“だらだら日記”らしく、のんびりと続けて行く予定ですので、よろしくお願いします。

さて。

おせち料理も終わってしまったし、あんまり食材もないし・・・“夕飯は何を作ろうかなぁ~”と思っていたところ、夫がゴソゴソとキッチンの棚を探したら、こんなものが出て来ました。

2014_01_091_600x800先日、どこだったか中国系か台湾系スーパーでセールになってた、タイ料理「パイナップルライス」の素です。

お料理が苦手な私は、“○○の素”シリーズが大好きなのですが、アメリカで面白いのは、色んな食材店で色んな国の“○○の素”シリーズが手に入る事です。

しかも、パイナップルライスって大好きなんだよね~!

そういえば、先日作ったパエリアの残りでジャスミンライスもまだちょっとあるし、エビと小ホタテの冷凍がある。

パイナップルの缶詰もあるし。

パッケージの裏の説明にはシャロット(小さな玉ねぎ)を入れるって書いてあるけど・・・ないから余ってるラディッシュでいいや。あと、カシューナッツの代わりに、アーモンドを切って入れちゃおう。

そうだ。先日、生姜と間違えて買ってしまったタイ生姜(ガランガル)もあるから、丁度いいし使おう~。

そんな訳で、今夜のメニューは、これに決まり!!

オリーブオイルで野菜とシーフードを炒めて。

そこに炊いた白米を入れて炒めて。

最後に、家で育ててるシラントロ(日本語では香草とかパクチーかな)を散らして。

育ったレタスを飾って、出来上がり~!!

2014_01_093_800x600お店のみたいな味ではないけど、ちゃんと、パイナップルライスの味になりました~。

お家で気軽にタイ料理が食べられるなんて素敵☆

また買おうっと!

 

2013年6月17日 (月)

新発売マルサラソースに挑戦!

先日スーパーで、いつもの通り、パスタソースを買おうと見ていたら、新商品を発見

しかも、割引券が付いている。。

2013_06_16_011_800x600_2

お料理が苦手の私は、こういう、○○の素シリーズでリーズナブルな商品となると是非、試してみなくてはと思います。とりあえず、辛くなさそうな瓶(写真右下)を購入。

家に帰って瓶の裏に書いてあった作り方を見ると、チキンを焼いてからこのMARSALAソースをあえるだけ。すごい簡単な「チキンマサラだ~!」と思い込んだ私。

早速、勝手にマッシュルームも入れて作ってみました。
1.ニンニクと玉ねぎを炒めて、チキンを焼く。
2.マッシュルームを入れて少し炒めてから、MARSALAを投入し、ちょっと煮込むだけ。

わ~い!超、簡単
でも、マサラと思って味見をしてみたら・・・何か味が足りない・・・
この時、本当はチキンマサラじゃなかったという事に気づいてなかった私

仕上げに、家にあったガラムマサラなどのインド料理系スパイスを入れてみました。

2013_06_17_014_800x600スパイスをいれたらパンチが効いて、なかなか美味しい。

でも、カレーみたいにスープを食べるんじゃなくて、ソースみたい。うちは普通に白い御飯と一緒に食べましたが、ジャスミンライスかなんかにかけたり、パンに付けて食べてもいいかな~と思いました。

チキンだけだったら、くどかったから、マッシュルームを入れて良かった~。しかし、随分変わったチキンマサラだな~と、よーくパッケージを見てみたらMARSARA・・・・“マサラ”じゃなくて、“マルサラ”って書いてない?!!

早速、調べてみると、マルサラというのはイタリアのマルサラ地方のワインを使った料理名らしい。全然、知らなかったよ~。

そういえば、売っていたのも、パスタソースのコーナーだし。だいたい、CLASSICOってイタリア料理のソースのブランドだもんねぇ。すっかり、勘違いだったわ・・・アハ

Marsalaチキンは本当は小麦粉を付けて焼くらしい。

市販ソースの瓶には、何も書いてなかったけど、確かにチキンを小麦粉でコートして焼いても美味しかったかもしれないと思いました。

面白かったのが、私は偶然マッシュルームを入れたのですが、マルサラのマッシュルーム煮というメニューも多数発見したことです。このソースとマッシュルームは相性がいいのね~。(写真はフードネットワークのチキンマルサラのレシピからのものです)

よーし今度は、ちゃんとイタリア風で作るぞ!

(写真もと)http://www.foodnetwork.com/recipes/emeril-lagasse/chicken-marsala-recipe/index.html

2013年3月 4日 (月)

タイのグリーンカレー @トレーダージョーズ

アメリカに来て、結構、懐かしくなる味・・・。

もちろん日本食は当然です

でも・・・意外と他にも懐かしくなる味があるんです。

それは、「外国料理の日本人好みにアレンジした食べ物」(ずっと日本に住んでいる人は意味が分からないと思いますが)。

例えば中華で言えば、日本中華。

アメリカにもあるんですよ、”アメリカ中華”なる味が。

例えば「オレンジチキン」。酢豚みたいな甘酸っぱい味付けで、チキンを揚げてあって、野菜はありません。

ちなみに本場中国にはないので「私、中華料理好きだよ!オレンジチキン!」

なんて言うと

「私、日本食好きだよ!カリフォルニアロール!」

と言ってるのと同じ(結構、良く言われます)。

アメリカの日本食だから、間違ってはいませんが・・・。

でも、日本よりレストランの種類が無い訳では決してないです。アメリカ人好みの日本食レストランもあれば、日本人好みの日本食レストランもあります。アメリカは、どこの国の料理でも本場の味が色々と食べられるのが凄いと思います。

そして、実は日本中華(日本人の経営するラーメン屋さんなど)もあるんです。

でも・・・日本式ピザ屋(シーフードやフルーツのトッピングのピザとか)、日本式本格イタリアン料理(カルパッチョがオリーブと醤油味)、日本式タイ料理(辛さ控えめ)、などはありません。

でもって、タイカレーがずっと食べたかった・・・。

タイ人が経営するタイ料理屋さんは沢山あって好きなのだけど、辛そうでグリーンカレーをオーダーする勇気が出ない。。

日本ではたまに夫が作っていたけれど、日本人好みに辛さを抑えた「グリーンカレーペースト(メイド・イン・ジャパン)」なるものが中々見当たりません。。

そしたら、先日、こんなものを見つけました!

Green_curry_trader_2
じゃーん

”タイ・グリーン・カレー・シマー・ソース”

トレーダージョーズはアメリカのスーパーだから、飛び上がるほどの辛さじゃないかも・・と期待

何より自分で作るんだから、辛かったら自分で調整できそう。。

アメリカ人はチキンの人が多いみたいですが。

我家は、家にある野菜(玉ねぎ、人参、さつまいも)を入れて、冷凍シーフードを色々と入れて作りました。

野菜を炒めてから、シーフードを入れて、このソースを加えて少し煮込むだけ。

家にあった、ちょとしたスパイスも入れて、いい香り~。

でも、味見してみたら、結構辛い・・・

アメリカ人って辛いの苦手な人も結構いるから、大丈夫かなって思ってたんだけど、あまかった。。

Green_curry_1でも、自分で調節できるから大丈夫

ココナッツミルクは用意してなかったので、普通の牛乳を足して、お菓子に入れるココナッツの粉末&レーズンを入れて、辛さを抑えました。

結果、すごく美味しくできましたよ。

イエ~イ!

しかもこれ、かなりお手軽価格。安くて簡単。また買っちゃお!

2012年11月23日 (金)

パエリアの素

アメリカは色んな食材店があって面白いのですが、私が気に入っているスーパーのひとつ、バリューマートでオリーブを探していると、ふと、パエリアの箱を発見

きゃー!!これってもしかしてパエリアの素?

夫と私は色んな国の食べ物が好きなのですが、お料理の方はあまり得意ではないので、こういう「○○の素シリーズ」には目がないのです。

先日もベトナム風ビーフシチューに挑戦したばかり(写真を撮るの忘れたけど、あれも美味しかったなぁ~)

ということで早速、購入してみました

Dsc01947_2_1024x680
じゃーん!

箱の中身は、このとおり。

・ご飯(スパイスの粉末入り)

・シーフードの缶詰

これで7ドルくらいだったかな。

箱を読むと、スペインからの輸入品らしい。

1947年からっていう表示が、なかなか歴史があって良さそうです。

以前、スペインのバレンシアへ行った時に、パエリアというのはもともと男料理なのだと教えてもらいました。

休日に、奥さんに感謝をこめて、ご主人が作ったのがはじまり。

あまりお料理が得意でない男性が、御飯や色んな食材をいっぺんに入れて作るので実はそんなに手が込んでいないものだとか。

そんな訳で、今回は夫が挑戦することになりました。

この素のセットだけでも良いのだけれど、家にあったバスマティライスを少し追加。

野菜もちょっと欲しいので、黄色いパプリカと、冷凍野菜ミックスも入れて。

さらに、冷凍で買ったお手ごろ価格のシーフード(それぞれムール貝、エビ、ホタテ、イカなど)を投入。

煮込んでいたら、パエリアのいい香りがして来ました~。

そして、あっという間に出来上がり!

11_24_2012_015_1024x768

見た目もなかなか豪華です

自分のお皿によそってからレモンを絞って・・・一口食べたら、すっごく美味しい~!

下の方のちょっとお焦げになった所も、これまた美味しいんだよね。

やっぱりなんと言っても、シーフードと言うのが嬉しいです。

これは、なかなか良い発見でした。

簡単だし、我家の定番メニューのひとつになりそうです

2010年8月26日 (木)

フード・スター♪Giada De Laurentiis

友達が日本から遊びに来ています。

彼女はお料理を仕事にしている栄養士さん

こっちに滞在中も、色んなお料理や食材、スパイス、キッチン用品、などなど見るのが楽しいみたい

そこで、私がフードネットワークというテレビチャンネルのスターの話をしてたところ、彼女も同じ番組を、日本のNHKで見た事があるというのでビックリしました!!

私達が見ていたのは、ジアダ・デ・ローレンティスさんのエブリディ・イタリアンという番組

ジアダ・デ・ローレンティスさんとはローマ産まれのイタリア人。イタリア人の有名な映画のプロデユーサーの孫で、パリのコルドンブルーでも勉強していたセレブな奥様シェフ。

この人が、女優張りの美人さんで、なかなか魅力的

さらにお料理の腕前は本格的で、伝統的なイタリア料理から、ヘルシーなパスタ、チョコレートピザなど今風にアレンジしたレシピも豊富。アメリカでも申し分のないフード・スターの一人みたいです。

そうとは知らなかった私ですが、アメリカに引っ越して来たばかりの頃、英語が分からないので(今もですが)、お料理番組をよく見ていました。色んなジョークを入れたりして話すアメリカ人のフード・スターは、面白いんだけれど、英語が付いていけないときも・・・。でも、ジアダさんの番組は、比較的シンプルな英語。さらに、手元をアップで映した、本格的な手さばきの調理シーンも多いので、お料理番組としても分かりやすい。そして何よりも、イタリア料理のメニューが馴染みやすかったのかもしれません。

Giada 私の友達も、お料理の人なので、そんな彼女のファンなのだとか。意外なところで、私達の接点があってビックリでした。

私が「ジアダさんの本が出てるんだよ~」と教えてあげたところ、お友達は、レシピ本、ジアダズ・キッチンをご購入。

ジアダさんは何冊か写真集ばりの大きな料理本を出版していますが、この本は、カラー写真が多く、新しいレシピが豊富なバージョン。

洋書って日本で買うと高いもんね。。

お友達は他にも、お料理雑誌やお料理本を購入。

友達の生き方とお料理は、切っても切れない関係なんだなぁと改めて思いました。。

2010年7月11日 (日)

バターチキンマサラ(インド人の友達レシピ)

ロサンゼルスに引っ越してから、ようやく色んなスパイスがそろって来ました。そこで、ニューヨークに住んでいた時に、インド人の友達に教えてもらったバターチキンに挑戦!

(その時の日記はこれですNewYorkだらだら日記10月28日の記事

友達が教えてくれたレシピを見ながら思い出し、教えてもらったインターネットの動画サイトで作り方をメモメモ。。してたら横で驚く夫

「普段英語を嫌がるキミが、動画を一時停止しながら真剣にメモしてる!!しかも僕も分からないような、インドなまりの英語なのに~!」

そうかな??そういえば友達から教えてもらったとか、楽しい思い出があるとか、そういう場合だと急に熱心になる私。この場合、英語は関係ないかも。。インドなまりの英語は友達と同じだから好きだから全然平気。

あの時は、彼女がチャパティという薄いパンを教えてくれて、それと一緒に食べました。冷凍のままフライパンで暖めるだけだから簡単!チャパティやナンはアメリカの普通のスーパーで冷凍になってよく売っているので、それ以来、家の食卓ではおなじみになり、いつも食べてる。。

それで今日はサフランライスに挑戦してみました~。ワシントンに住んでいるいとこにバスマティライスを教えてもらったので、インターネットで作り方を検索。。ふむふむ。。

そして、出来上がりました~ジャーン!!

2010_07_11_033

 

 

 

 

 

 

 

すっごく美味すぃ~~~!!

料理が下手な私が作ったとは思えないような、インド料理レストランみたいな味。

ちょっと作るのは時間がかかるけれど、基本的には鶏肉、玉ねぎ、トマトだけだから安く作れる。また今度、作ってみよ~。

作り方を書きます。

私は辛いのが苦手なので友達が作ったときより辛さは控えめ。。インド人の友達が教えてくれた参考のYouTubeはこれですhttp://www.youtube.com/watch?v=tD9O-L2Xvzo

~バターチキン~

(材料)

鶏の胸肉
玉ねぎ(中1個)
トマト(中2個)
しょうが、にんにくの摩り下ろし 大さじ2 (ジンジャー&ガーリックペーストでもOK)
生クリーム(100cc)
カシューナッツ 1/2カップ
トマトケチャップ

カスリメティ
チリパウダー
コリアンダーパウダー
クミンシード
クミンパウダー

(入れても入れなくてもOKのもの)
カラー(イエローエッグパウダーやオレンジパウダーなど色だけで味のないもの)、グリーンチリ2本、グラムマサラ

①鶏の胸肉を適当な大きさに切って、ジンジャー&ガーリックペーストを大さじ1、塩、チリパウダー、コリアンダーパウダー各小さじ1を入れて、手で混ぜる。(30分くらい冷蔵庫で漬け込むとより美味しくなる)

Oct_29_09_015 ②フライパンにサラダオイル大さじ1をひき、①を炒める。だいたい火が通ったら(油を残して)鶏肉だけお皿に取り出す。

③②のフライパンを中~強火にして、クミンシード少々を入れると、すぐに風味が出る。次に、玉ねぎのみじん切り、ジンジャー&ガーリックペースト大さじ1を入れ、玉ねぎの色が変わったら、2~3カップくらいの水を入れる。

④次にコリアンダーパウダー大さじ2、カシューナッツ1/2カップ、チリパウダー大さじ2(私は小さじ1で十分)、カスリメティ大さじ1を入れる。カスリメティは両手でこすり合わせてクラッシュしながら入れる。必要ならグリーンチリ2本をここで入れてもいいらしい(インド人の友達は入れてたけれど、私は入れない)。

⑤トマトのみじん切りを入れて15分くらい中~弱火で煮込む。

Oct_29_09_020 ⑥色が変わったら、クールダウンさせて、ミキサーにうつす。

注意:クールダウンさせてからでないと、ミキサーが爆発するかもしれないので、注意すること。

 

Oct_29_09_021 ⑦綺麗なフライパンにバター大さじ2を中火で溶かし、鶏肉のお皿に出ている油を入れ、⑥のグレービー(写真左)を入れまぜる。

 

 

⑧ソースがとろんとして来たら100ccくらいの水を入れる(水は自分の加減で決める。もし、どろどろだったりしたら水は多めに)。塩大さじ1と、カラーを水で溶かして入れる。

⑨強火で2~3分煮込んだら、中火にして、砂糖大さじ1強を入れる。隠し味にトマトケチャップを入れる。

⑩生クリーム100ccくらいと、②の鶏肉を入れて少し煮込む。(最後にグラムマサラやコリアンダーパウダーを少々入れてもいい)

出来上がり。

2010年4月21日 (水)

ラム肉のハーブ焼き&バスマティ・ライス

アメリカでは薄切り肉があまり手に入らないので、お肉の調理の方法に少し困っている私。先日スーパーへ行った時「ラム肉って特に買ったことないんだよね~」と言ったところ、じゃあ、と調理の方法を教えてくれることになった。

いとこのお料理教室、第二段

ラム肉のハーブ焼き&バスマティ・ライス

2010_apr_21_005 まず、お米から先に作ることに。

バスマティとは、インドとパキスタンで主に作られている稲の品種のひとつで、すごく細~いお米です。外ではよく食べたりするけれど、名前も分からないし、どうやって作るのかな~って興味津々だったんだよね。

今日、作り方を教えてくれるって、ラッキーー!

作り方は簡単です。

①バスマティをといで、ざるにあげておく。

2010_apr_21_001_2 ②鍋にバージンオイルを温めて、バスマティを炒める。

 

 

 

2010_apr_21_004 ③鍋にチキンブロスのスープを入れる。

チキンブロスは(写真右の缶)濃い鶏味のスープです。

今回は、ターメリ2010_apr_21_002ックの粉も少し入れたので色が黄色くなりました。

④一度沸騰させたら、弱火にしてふたをする。

⑤30分くらいしたら、様子を見て、炊き上がってたら出来上がり。

こういうお米って、最初から味付けで煮込んじゃうから結構簡単に作れますよね~。 

さて、バスマティを炊いてる間に、メインのラム肉を作ることに。2010_apr_21_007_2

その前に、まずは、ミントを取りに1階の庭へ。そして、バジルとローズマリーを取りに2階のウッドデッキへ。アメリカ人のご主人は、植物を上手に育てているのですが、お花の他に、バジル、パセリなどもあるのです。こういうのって素敵!

ハーブって買ってきても全部は使い切れないんだよね。だから、コショウのような小瓶に入ってる乾燥物を使ったりするけれど、本物と比べると、ちょっとパサパサしちゃう。

やっぱり取り立てはとても新鮮で香りもいい~

今度、うちでもお花ばっかりじゃなくて、ハーブも育てようっと。

2010_apr_21_013_2 さてさて、ラム肉のハーブ焼きの作り方

こっちも簡単だよ~。

①ラム肉に、塩、コショウ、お好みでガーリックパウダーを両面にふりかける。

 

2010_apr_21_011 ②次にバジル、ローズマリー、ミントをみじん切りにして、お肉の両面に付ける。

全部を混ぜてペースト状にしたりもするし、ペーストも売っているけれど、ただ刻んでお肉にペタペタ付けちゃっても、全然良いそうです。 

 

2010_apr_21_015③フライパンにオリーブオイルをひいて、両面を焼く。

取れたてハーブが緑色だから、赤いお肉に映えて綺麗ですよね。

ミディアム、ウェルダンなど、お好みの焼き具合になったら、出来上がり。

 

 2010_apr_21_016_2

サラダを添えて、3人分の食事ができあがりました~。

新鮮なハーブが効いているので、ラム肉の臭みはなく、でも美味しい風味はそのままで、とっても美味しかったです。

バスマティの方も、炒めた時のような油っぽさもなく、もちっとしていて、こういう食べ方も美味しいなって思いました。

これなら私も作れそう。今度、作ってみよ~。

2010年4月19日 (月)

キャロットケーキ

いとこの家はアメリカンな生活私はホームステイに来ているという感じです。

彼女は一週間に一回はコーヒーケーキなどの簡単ケーキを作るとか。おやつやデザートに丁度いいし、買って来るよりもご主人も好きなんだそうです。やっぱりアメリカ人だなぁ~。で、今日はキャロットケーキを作るというので私は

「あ!それ教わりたい!」とカメラを持参して、彼女のまわりをうろうろしたのでした

作り方は、とっても簡単!材料の分量はぴったりじゃなくても、ちゃんと出来上がるそうです。以下、レシピをご紹介します。

 

キャロットケーキのレシピ

(材料)
*小麦粉 2・1/2カップ             
*ベーキングソーダ 2tsp(ティースプーン)
*ベーキングパウダー 2tsp
*塩 1tsp (もうちょっと少なめでも)
*卵 4個
*砂糖 1 カップ (甘さ控えめの場合)2010_apr_19_011
*油 3/4から1 カップ (油も控えめです)
*バニラシロップ 2tsp
*人参 2 カップ
*くるみ、干しぶどう、パイナップル、ココナッツ 各 1 カップ

パイナップルは、クラッシュ・パイナップルの缶詰を使用
ココナッツは、細かくなって袋売りしてるものを使用(ココナッツ・フレイク) 1 カップ

2010_apr_19_005 小麦粉、ベーキングソーダ、ベーキングパウダー、塩を混ぜておく。

小麦粉は、彼女の場合、半分は普通の小麦粉で、半分はホールウィートにしていました。

ホールウィートってよくパンとかでありますが、全粒粉のことで、小麦の表皮、胚芽、胚乳を全部入れているもので、栄養価が高いのだそうです。

 

 

2010_apr_19_007 卵に砂糖を加えて混ぜ、そこに①を少しずつ加えながら混ぜ込んでいく

 

 

2010_apr_19_009 手で混ぜてもいいのだけれど、彼女が使ってたのは大きな調理器具。アメリカでよく売ってるのを見かけますが、我が家で買ったら置く場所がないだろうなぁ~。この機械にボールにどんどん材料を入れて、そのたびに混ぜるようになっています。

 

2010_apr_19_010 さらに、油とバニラシロップを加えて混ぜる

 

 

2010_apr_19_014 さらに人参、くるみ、干しぶどう、ココナッツ、パイナップルを入れ混ぜます。2010_apr_19_015

 

 

混ぜるとこんな感じ→

 

  出来たものを型に流し込みます。

2010_apr_19_016_2ここで型に油をぬっておきます。・・・とここで、

デタッ!アメリカンな一品

スプレー式の油。バーベキューなんかにも鉄板に油を塗るのに使ったりするようです。 

 

2010_apr_19_017 型をそのままオーブンへ。

華氏350度(摂氏176度)で45分。。。

ここで彼女から一言アドバイス。焼いている間は、周りでカタカタ物を動かしたりして振動をあたえると、ふくらんでいるケーキがしぼんでしまうから、要注意とのこと

オーブンから取り出して、串刺しをして、何も付いてこないようだったら出来上がり! 

2010_apr_19_018

 じゃーん!

しっかり膨らんで、茶色くなって、いい香り

美味しそう~。2010_apr_19_026

実際、食べてみたら、すごく美味し~!!

一番良かったのは何と言っても甘さ控えめ!売ってるのは、あま~くて、油っこい時もあるからね。それと、売ってるのだと人参とか練ってあって色だけだったりするけれど、これは人参、ココナッツ、くるみの歯ごたえがしっかりあって美味しいです。それに、栄養もありそう。

食べたら、タッパーにまるごと入れて、冷蔵庫に保存。

これで、数日食べられそうで嬉しいわ~。