勉強(英語・その他の勉強)

2013年6月13日 (木)

昨日のおまけ~TEDを使った英語リスニング勉強法~

昨日、TEDを紹介した記事を書いたのですが、長くなってしまったので勉強法は別ページにしました。TEDを聞き取りの勉強に使おうと思う人は読んでみてください。

こちらのESLクラスで実際にあった、TEDを使った課題は、聞きながらノートをとって、聞いた後でsummary(要約)を書くのを一週間に一度提出するというものでした。そこから発展した、私なりの勉強方法です。

バーン!┗(^o^)┛

手順1.英語の字幕ナシでただ、聞いてみる。
リスニングの練習なので、とにかく聞いてみる

難しいと思う人は、全てを理解しようとするのではなくて、メインの内容を理解しようとする。

高いレベルを目指すのであれば、できれば映像も無く、音だけでノートを取ってみる(英語が上級の人でも、聞きながらノートを取るのは簡単じゃないと思います。というのも、次の話題を聞きながら、手は前のセンテンスを書かないといけないから)。

手順2.英語の字幕を出して聞いてみる。
字幕があると断然分かりやすい~。文字で確認すると、“あ、これは知らない言い回しだな”とか“知らない単語だな”とか、ひと目で分かります。
  

手順3.日本語のスクリプトを見る。
ここはしなくてもいいんですが・・・。私はどうも、日本語で意味を確認したくなります。たまに、部分的に間違って理解していることもあるので、この作業も良いと思います。要注意なのが、英語を聞きながら日本語の字幕を出すと頭が混乱!(もしくは日本語字幕だけ見てしまう人もいるかもしれません)それなので、大意をつかむために、日本語のトランスクリプトをさっと読むだけにします。

手順4.紙やパソコン上に、知らない単語を調べて書いたり、summary(要約)を英語で書いてみる。
単語は、文章やイメージと一緒だと覚えやすいので、このチャンスにいくつかピックアップして調べたりするのも効果的です。

サマリーの文章は短い文でもいいんですが、ちゃんとすると結構、難しくて勉強になりますよ。例えば、150ワードくらいの短い文章にまとめる。短い文章にまとめる難しい点は、メインアイディアを中心に書くのと、短くても大事な部分は削らないように書くこと。また、内容のバランスも、もとの話しのバランスと同じくなるように書きます。そして・・・これが難しいのですが、同じ単語を使うと(アメリカでは特に)盗用になってしまうので、固有名詞以外は別の単語を使います(シソーラスの辞書を使うと便利です)。

以上です。英語ドラマや映画を見るのとは全然違った、ビジネスや大学で使う英語の勉強になること間違いなしです(v^ー゜)!!

リスニングの勉強に最適なTED~ESLクラスで大活躍~

私が通っているコミュニティカレッジのESLのクラスで、英語の聞き取りの宿題として、インターネットのサイトを見るというものがあったのですが、これがなかなかお勧めサイトなら日本からでも誰でもみられる!そこで今日はひとつ、皆さんとシェアしてみようと思います。

Ted3_7


一番のお勧めサイトは、TED http://www.ted.com/

このブログを読んでる方の中には“知ってるよ~”って人もいると思うのですが、先日、日本から来たばかりのお友達にTEDの話をしていたら、「テッドってなあに?」と言っていたので、初心者の人向けに書いてみようと思います。

(テッドって、なあに?)
とても簡単に説明すると、大学教授とか、会社のCEOなどその道のプロフェッショナルな人たちに話してもらう講演会の名称です。アメリカでは一般に“テッド”と呼ばれて広く知られています。カリフォルニアのTED Conforenceという団体が主催しているのですが、講演会で話す人物に凄い有名人をお呼びしたり、また斬新な活動で注目された若者を起用したりと内容が多様で、知識上流階級に広まった企画です。いうなれば上流階級の知的活動の一環でもあり、またビジネスアイディアの宝庫にもなるだけに、参加するための年会費はとても高額・・・ですが、その団体が講演会の様子を無料で動画配信しているんです。例えば、ビル・ゲイツ氏やビル・クリントン氏のプレゼンテーションなんかもあるんですよ。Tedlecturebillgates_3

(英語の勉強によく使われる)
アメリカでの英語学校には詳しい私。ESLのクラスでは、TEDを使って授業をしたり、宿題が出たり、テストもするという、大活躍の教材なのです~。別に英語学校に通ってなくても、インターネットが接続できれば誰でも見られて無料、さらに、ほとんどの動画が5~20分くらいと時間も短いので手軽に見られます。普通の教材だったら10話くらいで一冊の本を買う事になりますが、サイトなので、1,000以上の動画が見られて、何度でも再生できる!

Ted_talk_in_2009(とにかくプレゼンテーションが凄い!)
私が一番お勧めなのは、とにかくプレゼンテーションのレベルが高くて面白いこと!学術用やビジネスレベルとしてフォーマルな英語を聞きたい場合、一般のリスニング教材ってつまらないのも多い~。でもTEDは、びっくりするほど内容が濃いし、面白いんです。アメリカは、話す事で相手に理解してもらう文化なので、仕事においてはプレゼンテーション力がとても大事。大学の授業でも、例えばコツコツ作業するコンピュータのクラスでも、プレゼンテーションが必須だったりします。そんな訳で、たとえ技術者であってもプレゼンテーションが上手な人が多いのですが、TEDで話す人たちは、まさにその代表。テンポもいいし、とにかく人を惹き付けるのです。また、英語ということもあり、世界中から優秀な人とか、今、注目されている人が来て、色んな事を発表するので、内容が面白いんです。世界を知るには、欠かせないサイトです。

(英語の字幕やトランスクリプトも見られる)
TEDは、どんどん進化して便利になってるんですが、字幕をオンやオフにもできる。さらに便利なのが、“トランスクリプト”と言って、文字に起こした全文も見る事ができるんです。

(日本語でも見られる)
最近は、ほとんど全部の動画が色々な国の言葉に翻訳されていて、びっくり~!日本語字幕やトランスクリプトも出るようになっています。英語の勉強のみならず、ただ、楽しむだけに見るのも面白いと思います。実際、日本のテレビでも一部、放送されているみたいです。ちなみに、私のiPadのアプリだと、英語と日本語の同時字幕というのも出すことができるみたいです。

(動画は、どうやって見るの?)
アカウントの登録は、特に必要ありません(することもできるようですが)。ただ、インターネットのサイトへ行って見たい動画をクリックするだけです。また、スマートホンやタブレットの場合は、TEDのアプリもあります。私の一番のお気に入り動画を以下にひとつ載せますので、はじめての方はそこから入ってもいいと思います。

皆さんもTEDを見て、「こんな面白いのあったよ~」というのがあったら、是非、教えてくださいね。

*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆以下、参考です☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

1★私が一番面白かったもの・・・バンカー・ロイ:「裸足の大学」から学べることhttp://www.ted.com/talks/lang/ja/bunker_roy.html

インドの貧困村に“裸足の大学”を作った人のプレゼンテーションです。英語はインドのアクセントですが、聞き取りやすいですよ。アクセントを嫌う人も多いですが、「英語のアクセントが強くて聞き取れない」というのは、ESLの中級以上のレベルになるとあまり通用しなくなります。一般のクラスになると先生はいろんな国の人だったりしますし、実際、アメリカ人は色んなアクセントに慣れています。ちなみに、前回の試験は、アクセントバリバリの下記のものでした。

2★ESLの試験に使われたもの・・・Stefana Broadbent: How the Internet enables intimacy
http://www.ted.com/talks/stefana_broadbent_how_the_internet_enables_intimacy.html

内容は難しくないですが、どこの国の方なのかアクセントが強いです。テストは、これを映像なしで聞いて、ノートを取る。そしてさらに、サマリー(要約)を書くというものでした。挑戦してみたい人は是非どうぞ!

3★一番多く見られた動画の順になっているページ
http://www.ted.com/talks?lang=en&event=&duration=&sort=mostviewed&tag=
(今の所一番のヒット数は、再生数16,900,000以上。これだけでも発言者の影響力の強さが分かると思います)

<参考文献>イメージ写真の出展もと

http://www.collegeonline.org/

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bonnie_Bassler_TED_talk_in_2009.jpg

http://www.drugrehabtreatmenthelp.com/

2012年4月 1日 (日)

英語勉強小道具~紙の辞書からアプリまで~

気づけば、もう四月なんですね~

大学のESLに通い始めたけど、いったい伸びているのだろうか。。

ほんと、時間がかかるんですよね、私って。

やっぱり年齢もあるのかな?

高校を卒業したばかりの若者に囲まれていると、そう思うことがしばしばあります

「アメリカに住んで、何年?」って聞かれて

「6年かな?」

っていうと、モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

と驚かれる。そうですよね~。20歳の人からしたら6年前って14歳?!

そんな訳で、みんな現役バリバリの学生さんだから、記憶もフレッシュ~!

私が最後に日本で現在完了形を勉強したのは・・・15年前?いや、もっと前かな・・・ん~考えるのはよそう。

英語の勉強風景も、随分と変わりました~。じゃーん!私の勉強風景。

2012_04_01_001.

.

.

.

.

.

.

.

.

紙の辞書は先生おすすめのロングマン(アメリカ英語版)。

シソーラス(類語辞典)も付いているし、英語学習者用だから優しい単語で分かりやすくできてる!じっくり勉強するにはすごくいいのだけど、これは学校用。。なので右上に押しやられています。。

だって宿題の時は、紙の辞書で引いていると時間がかかりすぎて全然終Longmanわらない

そこで、コンピュータにダウンロード゙した付属のソフトウェアがすごく便利です⇒。Verb form(動詞変化形)をクリックすると、三単元形、過去形とか全部出てくるし。単語だけじゃなくて例文もアメリカアクセントで録音されています

そしてやっぱり便利なのはiPad

今までは雑誌や新聞を読んだり、映像を見たり、色んなアプリを遊び半分で使って英語の勉強にしてたのですが、最近、大学のESLに通い始めて大活躍

PCC(今通っている大学)のアプリもできたので、大学ニュースなんかもチェックできるし、

学校の授業で少しだけ買っているNews for youというESL用の新聞も、インターネットの記事は定期後続していないと全部は見られないのだけど、アプリだと一度買った新聞のパスワードを入力しただけで全部見られたりします。記事の録音もされているから、正しい発音で読んでくれてサービス満点。

あと、iPadの無料辞書でお勧めなのが、Merrian_web_learners_3Merriam-Webster Learner's。




私はもともと普通の赤い辞書のMerrian-Websterのアプリを使っていたんです。スピーカーマークを押すと発音してくれる。他のイギリスの出版社のと比べて、アメリカの英語辞典だからアメリカ英語の発音チェックに丁度いい。だけど、一般向けの辞書なので英語は難しく、私の場合、意味は他の辞書で調べる必要がありました。そしたら先日、英語の先生がLearner's(英語学習者用)を使っているのを発見!英語勉強用にピッタリです。

日本語の英和辞典は・・・無料アプリは無いし、英和辞典アプリはすごく高い!ので、インターネットのWeblioを使っています。このサイトは無料でなーんでものってるから便利。http://ejje.weblio.jp/ 

最近、インターネット用語の普及が著しくて、二年くらい前の紙の辞書や電子辞書だと既に載っていなかったりするので、インターネットの辞書の方が便利だったりします。電子辞書より画面が広い分、一覧性がありますし。

だけど、無料サイトだからか説明不足だったりすることもあって、そういう時はやっぱりちゃんと購入した辞書を見る必要があるかな。。

そんな訳で、どれも一長一短で、あれやこれやと色々とミックスして使っている毎日です。

今回の記事、すごくマニアックだったかしら。。

2012年1月20日 (金)

どこまでできるか、英語語彙シリーズテキスト

2012_01_20_013 これは今日、パサデナで見かけた桜(かな?)パサデナはもう春です。

さて最近、英語の勉強のモチベーションが下がり気味の私ですが。

時々、英語の教材をくれる友達(というか先輩)がいます。

どれも、興味のある物だけど『私には、ちょっとはやいかも・・』というような難しいもの。なので、自ら買うまでには至らないけど、目を通せるととてもありがたい。

押し付けではなくて、私の必要なところを分かっていてポンっと一冊くれるのです。

そういう気づかいって嬉しいですよね。

そしたら先日、「ボキャブラリー(語彙)のテキストブックをあげる」とのこと。

“いやいや、私は、語彙の勉強が苦手なので、頂いてもやらないと思うんです。。”

と言って、紙袋の中身を見たら・・・。

すごい豪華*・゜゚・*:.。..゜\(^o^)/..。.:*・゜゚・* !!!!!

しかも、英語で勉強する語彙専門教材だったので、私には初めてでちょっと面白そう・・。。ESL(英語が第二言語)の学生だけでなく、英語を母語とする大学生などの教材だとか。

でもって、彼女は以前良い物だと聞いて購入したけれど、もう大学院で勉強してるので必要無くなったし更に時間もない訳なんです。

その教材がこれ、じゃーん!!

2012_01_20_011

 

 

.

.

.

.

.

.

.

こんなの頂いちゃって、本当にいいの?いいの?

しかも、ほとんど使っていなくて、真新しいではないかっ!

ということで、頂いて来ちゃいましたっ。

“本当にやるのか~君は!家に教材が積まれてるぞ” と心の声がしましたが、

もう一方で “興味が湧いたら何でもやってみなさい~”と天使の声がささやいたので。エヘ。

そして、今日勉強しながらペラペラめくってたら、雑誌の切抜きが入ってました。。

グッチ裕三のお料理なんとか・・・アハハ、可愛い~

って思ったけど、もしかして、私が料理が苦手だから、くれたのかな?

ともかく英語の勉強に、ちょっとやる気を出した私です。

でもこの教材、段々難しくなるし、私にはかなりレベル高そう~。

果たして、どこまで挫折せずにできるでしょうか?

2011年7月 4日 (月)

ランゲージ・エクスチェンジで見つけた、ちょっとした日本語と中国語の法則

中国人の友達とランゲージ・エクスチェンジをしています。勉強すればする程、「中国語と日本語って密接な関係があるんだな~」と驚いています。

先日、夫が中国語の勉強をしていて、私が日本語を教える勉強をしていて、共通の発見があってビックリ

夫が「すごい事を知ったんだ」と教えてくれたのがこれ。

中国語で「 n 」や「 ng 」で終わる言葉の違いが分からずに苦労しているのですが、日本語との一定のルールがありました。

★日本語の音読みが「ん」で終わっているものは、中国語の読みが「 n 」で終わる。

 例えば、「南」は音読みで「な」と読みますが、中国語では「 nan 」となる。

 同じ発音が、ちょっとでもあるって、嬉しいですよね。。

★対して日本語が「う」や「い」で終わるものは、中国語の発音が「 ng 」で終わる。

 例えば、「東」は音読みで「と」と読みますが、中国語では「  dong 」となる。

これは、中国語を読むときに助けられるね~!と話していました。

その後、私が日本語を教える勉強をしている時、中国人の友達から「濁音になる法則を教えて欲しい」と言われたのを思い出して、調べてみました。

二つの言葉をつなげると、後の言葉がにごる事を「連濁(れんだく)」と言うのか。ふむふむ。。

そして、それには法則があるのかな。。すると、

連濁は、訓読みの時(もともと日本にある和語)に起こるのが一般的。

★「ちらし」+「寿司(すし)」→「ちらし寿司(ちらしし)」など。

「ちらしの寿司」などと表現できるように、前の言葉が後ろの言葉を修飾する意味あいの時に起こるものですが、

例外も色々あって・・・調べたら結構面白くって、寝られなくなった。。でも、ここでは省略します。

そしてこの連濁は、外来語には生じにくい。。。要するに音読みの時は起きないのですが、前の言葉の終わりが「ん」で終わる時に、起きる事があるのです。

★例えば、「連山(レン)」は、前の言葉が「」で終わっているので、「」と濁る。

★だけど、「高野山(コウン)」は、前の言葉が「」で終わっているので、「」のまま。

だけどね・・・ここからが凄い。

★「鉱山(コン)」は、前の言葉が「」で終わっているのに、「」と濁る。。

それは、鋼(こう)という字が、中国語だと「 gang 」と読むからなんだって。

へぇ~すごいね!!全然知らなかった!

と、思っていたら。。。

ん??

中国語で「 ng 」で終わるものは、日本語が「」や「」で終わる・・・。

どこかで聞いたことあるような・・・。

あ、そうだ!中国語を勉強してる夫が昨日、言ってたんだった。

すごい~~~~~!!(゚ロ゚屮)屮

いつも、英語でヒーヒー言ってる私。

スペイン語などヨーロッパの言語を話すクラスメートは、英語に近くていいなぁ~ってうらやんでたけど、

中国語と日本語も、結構、密接な関係があるじゃないですか?!

こんな事実を知ったのが、ここ、アメリカっていうのが、またミソですけどね

 

2011年5月12日 (木)

ランゲージ・エクスチェンジを始めました

最近、夫が中国語に興味を持ち始めました。

元クラスメートの中国人のMちゃんは、日本語に興味があるらしい。

そこで私が間に立って、ランゲージ・エクスチェンジを提案してみました

Mちゃんから中国語を教えてもらう換わりに、私達がMちゃんに日本語を教えてあげるという計画です。あと、言語だけじゃなくて、お互いの文化なんかも紹介し合おうという事にしました。

彼女は快く承諾してくれたので、いくつか準備をしておいて、その第一回を先週の土曜日に実行しました~。

2011_05_09_006 まず、私達が準備した中国語のテキスト。

最初、アメリカの図書館や本屋さんに行ったのですが、これは全然駄目でした。なんでかというと、テキストに漢字が書いてないのです(特に初歩のテキスト)。

中国語の漢字には、ビンインというローマ字みたいなかなをふって読み方を表現しますが、そのビンインしか書いてないんです

もちろん、日本人の私達も、ビンインがないと読めませんが、漢字とセットじゃないと、全然意味が不明です!

例えば、「不在」の下に「 bu zai 」と書いてありますが、このビンイン“だけ”で書いてあったら、ちんぷんかんぷん。

そこで、テキストは日本語のものを使うことにしたのですが、探すのが大変だった~。アメリカに住んでいる日本人は、中国語にあんまり興味がないみたいで。。。結局、リトル東京図書館で二冊をお借りし、一冊はCD付を紀伊国屋で購入。

2011_05_09_005次に、日本語を教える前に、まず、この本を読みました。

もしも・・あなたが外国人に「日本語を教える」とした

実は、NY時代に買ったものですが、途中までしか読んでいませんでした。。

この本は、「日本語の教え方」を勉強してない人が、突然、何かのハプニングで教える事になり、即席で教え方の勉強する為の本です。

日本語が母国語と言っても、教えるとなったら、難しいです2011_05_09_004よね。

この本を読んで、とりあえず準備したのが写真右。

ホワイトボード、マーカー、言葉のカードです。

「わたし」「は」「ちゅうごくじん」「です」というようなもの。

そして日本語のテキストブックは、リトル東京の図書館で借りて来ました。リトル東京には沢山の日本語教材があります。

2011_05_09_001良い教材と言われている「みんなの日本語」もあった~!

だけど、ローマ字版しかなかった

英語を勉強している私が言うのもなんですが、アルファベットって苦手(あ、言っちゃった)。

全部ローマ字って、正直、分かりずらい・・・。

日本人のくせに、日本語のテキストに頭がグルグルしてしまいます。。。

ここでお勧めなのは、写真左の「旅の指さし会話帳」日本版です

日本にいる友達が、私の英語の勉強の為にプレゼントしてくれたもの。友達ありがと~

これは、一つの単語に「日本語」「ローマ字」「英語」が書いてあるのですっごく良いです。しかも、日本地図があったりするので、日本の説明もしやすいし。写真もいっぱい。

絵がすごく可愛いので、中国人のMちゃんも、「可愛いぃ~」と評判上々でした。

とりあえず、スターバックスでコーヒーを飲みながら、第一回はお互いに楽しく終了!

中国語は発音がすごく難しくて、話せるようになるには道のりが長そう。。だけど、色んな事を聞いていたら中国がすごく身近になって来て、興味を持ちました~。それにしても彼女の教え方は上手。私も、もうちょっと教え方を勉強しなくちゃなぁ~。